<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

電車初体験

e0080170_21312631.jpg


今日は産院におっぱい指導を受けに行ってきました。
(私の生活、色々な意味でおっぱいに支配されている気がします・・・)
抱っこ紐を使って息子を身体に括りつけ、初めて電車に乗りました。
息子は泣いたりすることなく、私の指をぎゅっと握り締めていました。

いつもはカミツキガメのごとく首を振って乳にくらいつくのに、なぜか今日は品行方正。
「僕、がっついたりしません」風に大人しく、目をキラキラさせておすまししていました。
しかも家でいくら練習しても出来なかったこともサラーっとこなしてしまい、
「山形サン余裕じゃない~、大丈夫大丈夫。お家でもこの調子で頑張って」と
助産師さんに花マルを貰ってしまいました。
助産師さんの前だからっていいところ見せようとしたに違いない。
さすがB型のお調子者!夫似だな。

ということで、落第してくれたら産院に通う口実が出来たのに、
お調子者のせいで母子二人で頑張らなければいけないことになってしまいました。
嬉しい反面、ヘタレ母としては複雑な気分・・・。


ところで、今日は初めての電車体験だったため、母に同行してもらいました。
施術を受けている間、喫茶店にて我々を待っていてくれた母。
待たせてゴメンとお店に急いで行くと、我々を見るなり「キャッ!」というので何かと思えば
「長居しづらくて今追加注文しちゃったのよ~あなたに内緒にするつもりだったのに!」と。
で、出てきたのが写真の『スペシャルチョコバナナワッフル』。
長居しづらくて仕方ナシに頼んだにしてはやる気のセレクトではなかろうか。
しかもそんな見ただけで乳が詰まりそうなもの、内緒にされなくても羨ましくないぞ!

ちなみにこの母、初孫だ!と我を忘れておおはしゃぎしているくせに、
未だに息子の名前を「ゆうちゃん」と間違えて呼びます。
指摘すると「だって~ハンカチ王子って毎日テレビでやってるんですもの」と言い訳をします。
だからお宅の初孫は亀田家長男だってば!


今日は結婚記念日でした。
去年の今ごろはカプリ島でお祝いしたよなー、あの頃からこの生活想像できなかったなー、
と遠い目になってしまいました。いつかまた行けるかしら。今度はシチリア島に行きたい。。
ちなみに今晩のおかずは、大好物の鮭の粕漬け、ゴーヤチャンプル、グリーンサラダ、おから、生ハムのマリネでした。
おうちのゴハン最高。タイにいる夫はなにしてるかなー?
[PR]
by moezoh0914 | 2006-08-31 21:31 | その他

その後の生活

e0080170_17404069.jpg


15日に出産して以来、やっと約2週間が過ぎました。

毎日、オムツ→乳→仮眠→オムツ→乳→オムツ→乳→仮眠→沐浴(以降続く)
みたいな生活で、本当に赤子とべったりの日々です。

ヘタレ母は入院中におっぱいカチコチの洗礼を受けたことがトラウマとなり、
乳が少しでも張るとドキドキし始め、
パンダ並みにぐっすり寝ている新生児を無理に起こして飲ませたりしています。
(あの悪夢が再びと思うと恐怖だし、乳腺炎とか・・・相当怖いよ!)

途中、マタニティブルーになって、
泣いてる赤子と共に「エーーン!お父さん帰ってきて!!」
と声を挙げて泣いたりもしましたが、
色々な面で息子が日々成長しているのが実感できて、落ち着きを取り戻しました。
(つい先日の事だけど、今となっては何故あれほど夫が恋しかったのかがわからない)

先週は助産院にマッサージに行き、体重を量ってもらったら
一日65グラムの割合で増加していることが発覚。
どうりで手や足がムチムチし始めたと思ったよ。
30グラム/日が水準らしいのだが・・既にオデブ街道まっしぐらか??


最近は一人で赤子にアテレコをしたり、替え歌を作ったりして遊んでいます。
息子の名前が亀田家長男と同じ音(漢字は違います)ということもあり、
今の流行は亀田家ごっこ。私一人で史郎さんと長男次男三男の4役だから大忙しです。
・・・ホントに、新生児の母ってこうやって楽しむしかないんですもの。
あとは使用済みオムツをできるだけ小さくたたむことに充実感を覚えたり、
おしっこで重くなったオムツをボールみたいに放り投げて遊んでみたりとか。
(↑尊敬する男児の母M子さんに教えてもらった楽しみ方)
経験者の方、他にも楽しい遊びがあったらぜひ教えていただきたい。



これだけではナンなので食いしん坊ネタですが、
乳張り恐怖症になったため、とにかく”母乳に良い食事”を目指し
OKな食べ物とNGな食べ物をネットで調べて書き出し、
ワガママ言って母に全て作ってもらっています。

白身魚がいいから、と鯛を煮付けてもらったり、
貧血対策に芽ひじきの煮物をたくさん作ってもらったり。
先日は朝から茶巾蒸しが出てきてちょっと感動。
乳張りの恐怖を思うと、不思議とオヤツも食べたくありません。
おかげで体重が既に10キロ減・・・まだまだ減り幅は十分あるんですが(笑)

写真は今日送られてきただだ茶豆です。
固めにゆでて軽くお塩振って食べたら美味しかった!
[PR]
by moezoh0914 | 2006-08-28 17:40 | おうちごはん

産院のゴハン

e0080170_230099.jpg


食いしん坊なので一応病院のゴハンもアップ。
隣の駅の産婦人科専門病院に入院しました。

決めては
・無痛分娩を執り行っていること(これがメイン・今となっては・・・苦笑)
・個室であること
・母子同室であること
でした。
しかしこの産院はゴハンが美味しいことも人気の秘訣らしいです。

朝昼晩、いずれもメニューがバラエティに富んでいて
ボリューム満点でとても美味しかった!
母乳の関係で我慢したけれどおやつも充実していて、
朝は焼きたてパンが出てきました。クロワッサンうまーい。

ちなみに母乳トラブルで眠れなかった時、
真夜中のナースコールにも嫌な顔一つせず一生懸命対応してくれたり、
私の身体が疲れきってるから、と入院中2回もアロママッサージをしてくれたり、
本当に献身的に力になってくれました。
(しかも入院費用は平均くらい)

とーってもいい病院で出産できました。
オススメします!
[PR]
by moezoh0914 | 2006-08-20 23:00 | その他

8月15日オラにも出来た!

e0080170_2021162.jpg

本日15:28無事赤子をこの世に誕生させることができました。

ビビリでヘタレの私がわざわざ無痛対応している病院を選んだのに、
我が子は無痛の先生がお休みの火曜を狙って産まれてきました…。
ちなみに人工破水、陣痛促進剤、吸引分娩という様々なテクニックに加え、
お医者さま2人助産師さん5名に助けられやっとこ産みました。やっぱりヘタレです。


出産の進行に伴い、「死ぬかと思った」痛さのレベルがどんどん更新されていくのに驚き、
”限界”ってずいぶん遠くにあったのね…と実感した次第です。
しっかし、その痛みも既に忘れかけている私。
世界は本当によく出来ています。


そしてなぜだかはうまくいえませんが、本当にたくさんの人に支えられて生きていることを実感した次第です。
たくさん励ましやアドバイスを下さり、皆さま本当にありがとうございました!

ぶんぶくれていてかなりブサイクな我が子ですが、
親子共々どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by moezoh0914 | 2006-08-15 20:02 | その他

8月10日(木)どろソース気分

e0080170_207794.jpg


8月に入り予定日まであとわずかとなり、引きこもり気味の1週間を過ごしてしまいました。
インターネットでお産の恐怖体験を仕入れては「ひょえー」だの「ふぃいいい」だの
悲鳴をあげてはガクガク震えるという本当に不毛な日々。


そんな中、夏バテのせいか胃痛がひどくなり、赤く染まった胃液を吐くという事態に!
定期健診を待たずに病院へ行き、点滴を打ってもらうことになりました。
寝かされたのは分娩室の向かいにある陣痛室。
私以外には誰もおらず、久しぶりの点滴にワクワクしながら
ゆっくり休ませてもらいますよ~といい気分になったのもつかの間。。

向かいの部屋からモノスゴイ声が聞こえてきたのです!
もう、本当に今までリアルでもフィクションでも聞いたことのない叫び声。
誰かに伝えたいのに残念ながらこの叫び声を文字にする能力を持ち合わせていない、ってくらいの、
それこそありえない雄叫びは、まさに向かいの部屋で分娩真っ最中の妊婦さんの声でした。

あまりのすごさにびっくりして迂闊にも涙が出そうになった私を気遣い、
看護士さんが「痛みの感じ方は人それぞれだから・・・今日は普段より賑やかね~」
と苦笑いしながら、変な環境音楽みたいなCDをかけてくれました。
でももちろん音楽を飛び越えて妊婦さんの雄叫びは聞こえ続け、
”エアコンの冷気を受けながらお布団に包まって眠る幸せ♪しかも大好きな点滴付き”
を堪能することはなく、とてつもなく長い2時間弱を過ごしました・・・。

この凄さを表現するとしたら「麻酔なしで身体にメス入れられた感じかな?」なんてふと思い、
ああ、それって出産そのものじゃないか!と気づいたらさらにガクガクブルブルドキドキ。
はっきり言ってテレビや映画の拷問シーン等々、生ぬるすぎる。これこそ放送禁止という感じ。

そしてまさに断末魔という感じの『○×△※★■(×1000倍)』という雄叫びの後、
赤ちゃんがホギャーと泣く声が聞こえてきて、無事に一つの命がこの世に生まれたことを確認できました。
お父さんが興奮気味に赤ちゃんが生まれたことを誰かに告げている電話の声も聞こえてきたりして、
その後はまるで素敵なドラマのよう。
本当に私がビビリでヘタレだと察知した看護士さんが「聞こえた?赤ちゃん無事生まれたよ!」
とお知らせしてくれる気遣いにも泣けました。

スゴイもん聞いちゃったけど、オイラも頑張るべしと最後に思えて本当に良かったです。
いいオチでもなければ予定日目前にして出産恐怖症になるところだったよ。本当に。
それにしても、あんなに本能のままに叫べる妊婦さんてどんな人かな?
私、いいお友達になれそうな気がする、なんて勝手に思っています。



そして今日、1週間毎の検診に行き、相変わらず兆候がないことが確認されました。
ニンプでいることにもそろそろ飽きてきたんですが・・・と言い出したいところに先生が、
「ここまで大きくなっちゃったんだから仕方ない。やりましょう」と。
来週木曜日までに赤子が自分から出てくるといわなければクスリを使ってその気にさせる
ことになりました。
今日の推定体重は3100グラムだったけれど、既にエコーの画面に入りきらなくなっていて、
先生も「もう全部映らないから~。本当はもっとあるよね」って相当アバウトな計測・・・。
頭なんて先週から既に40週を超えた数値まで大きくなってるから
『××W××D』と算出されてるんだもんね。機械もお手上げということのようです。


そして、昨日の点滴ですっかり胃痛は治まり、お散歩がてらに行ったイトーヨーカドーにて広島焼きを買って帰りました。
広い店内にソースの香ばしい匂いが漂っていて、
匂いの素を辿っていったら物産展みたいなスペースの一角に屋台が出ていたのです。
先週のどっちの料理ショーで広島焼きを観た後、火曜日の阿部寛のドラマでお好み焼きを観て、
ちょうどどろソース気分が高まっていたところ!
熱々をいただきたかったのでいつもは25分かかる帰り道を18分で帰りました。新記録樹立!
[PR]
by moezoh0914 | 2006-08-10 20:07 | おうちごはん

8月3日(木)本日も検診

e0080170_2051918.jpg


臨月に入り、1週間毎に検診を受けることになっています。
先週先生に冷たくあしらわれたことから、
今日は「別にいつ産まれても良いんですけどね」という余裕の表情で臨んでみました。

どうやら私はお腹が非常に張りにくい体質らしく、
NST(赤子と妊婦の心拍を測る検査)でも絶好調値で
まだまだお産の兆候はありません。

先生からは「今日ちょっとでも兆候あったら来週日を決めてって話しようと思ったんだけどさー」
と言われ、「ええええ!!」と大きく動揺してしまった私。
お腹の中にいつまでも入れておくわけにいかないし、いつかは来ると思っていたけれど、
いよいよ産み落とし(!)となるとやっぱりドッキドキです。
ま、結局兆候が全くないのでまた来週来てね、といわれて終わったわけですが。
ふひー。心臓に悪いよ。皆こんなこと余裕で経験していて本当にエライなー。


今日は母と伯母が病院に付き添ってくれたので(頼んでないけど暇だからついてきたらしい)
日本料理やさんにてランチを一緒にとりました。
二人は幕の内弁当、私は天ぷらご膳を注文しました。
前菜としてお盆いっぱいに小鉢が出てきて、色々少しずつ食べられて楽しかったです。
オバサマ御用達のお店らしく、平均年齢68歳?という感じ。
昼間から冷酒をあおっているオバサマもいて、
亭主元気で留守がいいとはまさにこのこと、優雅なものだと感心しました。


写真は先日から始めた刺繍の成果(プププ)です。
赤子の肌着と身体の間に挟む汗取りガーゼに簡単な刺繍をしてみました。
本当に不器用なもので、ここに到達するまでに
そら豆みたいなペンギン、葉っぱが5枚の四葉のクローバー、卵のシミみたいなひよこ等、
珍作をたくさん生み出しました・・・。
本当はこれらもよーく見るとボロがたくさんだけれど、
手作り熱が盛り上がってきたのでこのまま飽きるまで続けてみようと思います。ウシシ。
[PR]
by moezoh0914 | 2006-08-03 20:51 | その他