2006年 10月 02日 ( 1 )

赤ちゃん休憩室デビュー

e0080170_18201198.jpg


木曜日は私の野暮用のため(某品の返品・交換)、新宿伊勢丹へ赤子連れ行ってまいりました。
生後すぐでも乗れるA型ベビーカーを購入していないため、道中全て抱っこ紐での移動。
中野島の社宅からはとても行きやすかった新宿ですが、
実家からはとても遠く、なぜ銀座や横浜で買わなかったのか!と軽く後悔。
東海道→銀座線→丸の内線を乗り継いでやっとこ新宿三丁目に到着しました。

子供・マタニティフロアでハハの野暮用をさっさと済ませ、
お腹が空いた!と泣かれる前に赤ちゃん休憩室内の授乳スペースで赤子のごはんタイムとなりました。
さすが東京の大型デパート!赤ちゃん休憩室には10台近いオムツ換えベッドや
ミルクママ用の60℃と90℃のお湯、母乳ママ用の授乳スペース6席、
離乳食用の電子レンジ、家族室(4畳半くらいのお部屋で予約すれば自由に使えるそう)
身長計に体重計などが揃っていました。
平日の昼間だというのに(だからこそ?)母子連れで満員御礼状態。
そしてマクラーレンのベビーカー率の高いことといったら!オサレママ大集合って感じです。

赤ちゃん休憩室デビューに少し緊張気味の新米ハハでしたが、
親分に暴れられたり、他ママに迷惑をかけることなく無事に授乳タイムを終了することが出来ました。
(そもそも親分は理由なく暴れたり泣いたりしない人なので楽なんですが)


その後はレストランフロアに移動し、今度は新米ハハと新米ババのランチタイムです。
チャヤマクロビにてプレートランチ(トマトソースのペンネと秋野菜のフリット、グリーンサラダと野菜スープ)をいただきました。
ここは葉山の日影茶屋グループの姉妹店だそうで。
おくるみに包んで寝かせた親分が気になって気になって、食べた気がしないほど急いで食べてしまったので味はよく分かりません(笑)

そして、通勤ラッシュに重なってはならぬ、ということで他フロアの誘惑に負けることなく
地下食品街で夕飯の食材などをさっさと調達し、わずか3時間の滞在にて伊勢丹を後にしました。
親分は道中ずっと寝ていましたが、賑やかなデパートではパッチリ目を開けて
眩しそうに照明をじーっとみつめていました。


帰り道、丸の内線ではモテリーマン風の人、銀座線ではおじいちゃん、東海道線では外国人男性、
という親切な3名の方に席を譲ってもらってしまいました。
抱っこ紐での移動は楽なので立っていることは全然苦ではないし、毎日赤子と食っちゃ寝してのんびり過ごしているので
電車内で”忙しく働いている人たち”を久しぶりに見てなんだか申し訳ない気持ちになっていたのですが・・・。
3人が3人とも強く勧めてくださるので、ご好意をありがたくいただきました。
丸の内線で譲ってもらった時にとても恐縮したので銀座線では目立たなくしていようと思ったら、
おじいちゃんに「ちょっとアンタ!」と呼び止められ、東海道線では巨漢の外国人に5メートル以上離れたところから怖い顔で手招きされ、
本当にありがたくて、鼻水がとまらなくなり最寄り駅までの15分間下を向いてずっと鼻をすすっていた新米ハハです。
給食費未払いのニュースで「日本がおかしくなっとる!!」と憤慨していた私にはとてもよい経験でした。
感謝の気持ちと共に、そんな人に息子を育てようと強く思った次第です。
[PR]
by moezoh0914 | 2006-10-02 18:20 | お外ごはん