KKファミリー来タイと中国火鍋

チャアム旅行の最終日、はるばる中国は蘇州からKKファミリーが来タイしてくれました。
中国の労働節というGWのようなお休みに合わせて、です。
タイに何度も来ていてタイ料理が大好きなKK夫妻、
滞在中ずっとタイ料理を食べて帰っていきました。
確かに我々も蘇州に寄せてもらった時、ずーっと中華をだったなぁー。
飽きるどころかもっともっと色々なお店に行きたい、3泊じゃ足らん状態だったわ。

行ったお店はトンクルアン、コカスキ、超絶麺屋、バーンカニタに
エンポリのインターナショナル版フードコート。
今どきフードコートと言えばセントラルのFOODLOFTなのだろうけれど、
近場で済ませてしまいました。

殆ど写真がない中で、バーンカニタで頼んだエビのレッドカレー炒め。
ぱくっと一口食べてウマっ!!のインパクトとしては、
初日のトンクルアンのトートマンクンの方が上をいっているような気が…。ちょっと寂しいぞ。
e0080170_4141358.jpg


そうそう、前菜として出て来る葉っぱに薬味を包んで食べるこの料理。
相変わらず名前は覚えていないけれど、とても美味しかった。
しかしこの葉っぱ、菜っ葉じゃなくて本当の葉っぱなところがポイント。
最初は食べるのをためらう程葉っぱなんだよなー。でもウマい。
e0080170_4105893.jpg


そしてKKファミリーが帰国した後の日曜日、トンローまで中国火鍋を食べにいってきました。
ここは日本人オーナーのお店だそうで、クッション付きのしっかりしたベビーチェアがあり
親分も座り心地の良さにニコニコでした。
e0080170_4162390.jpg

火、火鍋…最高に美味しい。色んなスパイスが沢山入っていて、複雑な味が本当にすてき。
しかもセットのお肉を全部羊に替えてもらい、さらに2皿追加注文して
羊欲をがっつり満たしてきました。

火鍋といえば、KKやMっちゃんと行った大連を思いだすなぁ。
今はネイティブばりにペラペラのKKやMっちゃんも当時はまだ中国語を習いたてで、
飛び込みで入った火鍋屋さんにてメニューを見ながらあーでもないこーでもないと言っていたら
ものすごく流暢な日本語を話す白さんという中国人男性が注文を手伝ってくれたのでした。
その姿がとてもスマートで、一気に中国の好感度がアップ(笑)
好感度アップと言えば、上海一人旅の際にタクシー運転手に騙されてんで違う方向に連れて行かれた時も、
流暢な英語を話す女の子に助けてもらったなぁ…。

蘇州に帰りたくない…とつぶやいていたKKファミリー、
中国には美味しいものも沢山あるし、実は親切な人もいっぱいいるよね。
消化試合なんて言わず、悔いの残らないように蘇州ライフを楽しんでおくれー。
私ももう一度蟹の季節に蘇州に行きたいぞー。
[PR]
by moezoh0914 | 2007-05-15 04:27 | お外ごはん@タイ


<< 日本一時帰国 チャアム旅行にて >>